【最高品質ダイヤモンド】品質の良いダイヤモンドって?

Exif_JPEG_PICTURE

ダイヤモンドの品質ってどう違うの??

これは多くの方が疑問に思う事です。

ダイヤモンドの品質には、『4C』と呼ばれる品質基準があります。

ダイヤモンドの『4C』を詳しくはこちらから。

4Cとは、カット、カラー、クラリティ、カラットの4つです。

カットグレードは、ダイヤモンドが美しく輝くように

対照的にバランスよくカットされているかどうかです。

品質を下げると輝きが鈍くなり、これダイヤ?ガラス?

と感じる事もあるグレードです。

カラーグレードが低くなるとダイヤモンドは黄色や茶色に

濁っていくような感覚になります。

個人差もありますが、比較すればわかる事が多いです。

クラリティグレードは、天然ダイヤモンドを

プロが10倍に拡大して内包物(キズ)の

大きさや位置で評価します。

品質がある上がると肉眼では差がわかりませんが、

品質を下げると肉眼でも内包物が見えたりします。

肉眼で見える内包物は、輝きや美しさにも影響を与えます。

今はネットでもたくさん4Cグレードについて書かれていたり、

画像で比較されたりしている場合もあります。

それでも、やっぱり本物のダイヤモンドを比較して

品質のグレードを1つ下げるとどのように感じるのか

実際に見るのにはかないません。

宝寿堂では、本物のダイヤモンドで

品質の違いを比較してお選び頂く事が出来ます。

例えば、色がひとつ違うだけでも全然違うと感じる方もいれば、

え?2段階ぐらい下げても一緒のように見えますね。

と言われた方もいらっしゃいます。

一生モノのダイヤモンドを選ぶなら予算の中で

比較して選ぶ方が良くないですか?

宝寿堂で品質や大きさの違いを比較しながら選んでみませんか?

プロのスタッフが似合うデザインとダイヤモンドの選び方を

アドバイスしますよ。

宝寿堂のホームページはこちらから。

結婚指輪・婚約指輪はこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です